GSX-S750 2017年モデル 青

2017年3月17日にスズキから新発売になった GSX-S750ABSにETCを取り付けました。
取り付けに使用したETCは日本無線のJRM-21(二輪車用分離型ETC2.0車載器)です。

一番気になるのがETCアンテナの設置場所は、

2017年モデル GSX-S750ABS ETC2.0 アンテナ設置 正面 2017年モデル GSX-S750ABS ETC2.0 アンテナ設置

ETCのアンテナは、メーターパネル前方の黒いカバーの下側にスペースがあるので、そこに底上げ用のスペーサーを設置し、その上にアンテナを取り付けました。
(写真の黄丸の部分です。)
この上にノーマルのスピードメーターとカバーが取り付けられるので、アンテナが外から見えずにすっきりしたフロント周りになります。

ETCのランプですが、写真を撮るのを忘れました。
取り付け位置はメインキーの横に設置しました。ハンドルを切っても当らないように取り付けることができ、あまり目立たずライダーからランプが確認できる位置になります。

ETC車載器本体の設置は、

2017年モデル GSX-S750ABS ETC2.0 車載器設置

写真の赤丸部分です。ETC用のポーチに入れ、タンデムシート下にあるの車載工具の上に固定はせず、バンドで縛り付けました。
カードの出し入れは、ETC車載器を取り出してETCカードの出し入れができるようになってます。

ETCランプ以外は車体の中に隠れていますので、ETCが付いているのが解らないようににうまくできたと思います。