2018年モデルホンダ ジョルノ(giorno)発売

2017年11月14日(火曜日)発売 ホンダ ジョルノ(GIORNO)

50ccスクーターホンダの新型のジョルのが、平成28年排出ガス規制に対応し、カラーバリエーションを変更して発売されました。

ジョルのは、ファッションスクーターとして1992年に登場しました。

今回のモデルは3台目となり、エンジンは水冷4ストロークOHC単気筒エンジン(eSPエンジン)を搭載しました。
ヘルメットや小物を収納できるシート下の収納スペースやハンドル下のグローブボックス内には電源を取る事が出来るアクセサリーソケットが標準装備されてます。

2018年モデルからは、写真左上のプコブルー(ライトブルー)と写真上真ん中のパールソフトベージュ(ベージュ)が追加され全7色での販売です。

生産国は日本となります。

2018年モデルジョルノの主な装備品

○eSPエンジン
○アクセサリーソケット
○アイドリングストップ・システム
○シート下収納
○グローブボックス(ハンドル下の収納)

車体色

新色(2色)
プコブルー(ライトブルー)
パールソフトベージュ(ベージュ)

継続色(5色)

ポセイドンブラックメタリック(ブラック)
アーベインデニムブルーメタリック(ブルー)
パールジャスミンホワイト(ホワイト)
パールアンブラウン(ブラウン)
グラファイトブラック(くまモンバージョン)

※ パールマーメイドブルー(ライトブルー)、マグナレッド(レッド)の2色は廃止となってます。

年間計画台数

11,500台

価格

通常色(くまモンバージョン以外の色)

194,400円

乗り出し参考価格
194,460円(車両値引、ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料込の価格)

くまモンバージョン

203,040円

乗り出し参考価格
203,100円(車両値引、ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料込の価格)

ご検討いただけると幸いです。