2018年2月 発売予定の ホンダ クロスカブ50とクロスカブ110

2017年の東京モーターショーでも展示してましたクロスカブ50ニューモデルとして、クロスカブ110はフルモデルチェンジして、いよいよ2月に発売されます。
(発表は2018年2月5日、発売は、2018年2月23日です。)
デザインはクロスカブ50、110共通となっておりますが、クロスカブ50は前後ホイールが14インチでホイールのリムとハブがシルバー塗装になってます。クロスカブ110は前後ホイールが17インチで、リムとハブがブラック塗装になってます。さらに、クロスカブ110には、ピリオンステップ(タンデムステップ)が装着されており、タンデム走行にも対応してます。(タンデム走行をお考えのお客様は、オプションのタンデムシートのご購入をお勧めします。)

クロスカブ50、110共通の装備は、
・LEDヘッドライト
・カモフラ柄のメーターパネル(メーターパネルの文字盤には“CROSS CUB”の文字が入ってます。
・スリット入りの専用マフラーカバー
・ヘッドライトガード
・レッグシールドレスのフレームカバーを採用

など、色々な部分が新しくなってます。

この他にも新しい装備をたくさん装備して発売されるかもしれません。

価格と車体色

クロスカブ50

メーカー希望小売価格 291,600円(税込)
車体色 ホワイト、レッドの2色で発売

クロスカブ110

メーカー希望小売価格 334,800円(税込)
車体色 イエロー、レッド、グリーンの3色で発売

です。

クロスカブ50、クロスカブ110は発表前ですが、当店では受注を開始いたしました。
ご購入をお考えのお客様店頭にてご相談ください。

先日のホンダの会議にて写真撮影ができたのでアップさせて頂きました。

※こちらの情報は会議で聞いた内容をメモを取りアップさせて頂きましたが、間違えている情報もあるかもしれませんがご了承ください。