カワサキ NINJA250 2018年モデル の商品紹介

新車情報 カワサキ NINJA250 ブルー(2018年フルモデルチェンジ) みぎ側

フルモデルチェンジしたカワサキ NINJA250が、2017年12月25日(月曜日)に発表されましたが、2月1日発売となり、この車両が当店に入荷してまいりました。2018年モデルのNINJA250はエンジンやフレームが完全新設計になり高出力エンジン搭載で、軽量なボディとなりました。

エンジンは、水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ248ccエンジン(最高出力37PS) 6速トランスミッションを搭載しております。クラッチ機構にはクラッチ操作が軽くなる新型のアシスト&スリッパークラッチが採用され2017年モデルのNINJA250よりさらに軽くなっております。

フレームも完全新設計され、エンジンの搭載位置が最適化されてます。(2018年モデル 車両重量166kg:2017年モデル(ABS装着車)車両重量 174kg)約8kg軽量されてます。

ヘッドライト(ロービーム、ハイビーム)、ポジションランプ、テールランプにはLEDライトが装備され、トップブリッジには高級感あふれる肉抜きタイプ。

シートは2017年モデルと比べて肉厚化し、低反発ウレタンが使用されておりますので、長距離運転をしても疲れにくくなるよう工夫がされてます。(シート高が785mmと乗りやすい高さです。)

メーターパネルは指針式のタコメーター(アナログ式タコメーター)とデジタル表示のスピードメーターで、シフトポジション表示や燃料残量計などが表示されます。

車名にはABSの文字が付いてませんが、前後ブレーキにはABSが標準装備となります。

ガソリンタンク容量は約14リットルで指定燃料は無鉛レギュラーガソリンになります。(デザインの変更とともにガソリンタンクの形状も変更されてます。その為、2017年モデルよりガソリンタンク容量が約3リットル少なくなってます。)

250ccクラスとしては車両重量が軽い方なので、車両の出し入れが楽にでき、乗り降も車両の重さをあまり気にする事無く出来ます。毎日の通勤にご利用頂いたり、週末のツーリングにご利用頂けると思います。

2018年モデル カワサキ NINJA250シリーズの主な特徴と2017年モデルからの変更点

・ABS標準装備
・最高出力37ps/12,500rpmにアップ
(2017年モデルは、 31PS/11,000rpm)
・さらに軽いクラッチ操作が可能になった、ニューアシスト&スリッパークラッチ
・フロントブレーキディスク外径Φ310mmに変更
(2017年モデル Φ290mm)
・新作星形御5スポークホイール
・燃料タンク容量14リットル
(2017年モデル 17リットル ※約3リットル容量が少なくなってます。)
・NINJA H2の要素を取り入れた先進的なデザインに変更
・LEDヘッドライト&LEDテールランプ装備
・ギヤポジションインジケーター装備
・ヘルメットロック標準装備
・車両重量 167kgと軽くなりました。
(2017年モデルのABSモデル 174kg)

メーカー名 カワサキ シート高 785mm
車種名 NINJA250 全長 1,990mm
排気量 250cc 燃料タンク容量 14リットル
ブルー 使用燃料 レギュラーガソリン
メーカー希望小売価格 629,640円 車両重量 167kg
店頭価格 591,840円 最高出力 35KW(48PS)
上記の店頭価格以外に諸費用が別途掛ります。 保証期間 メーカー保証2年
NINJA250 ブルー の乗り出し参考価格 カスタム、その他 ○ノーマル
店頭価格 591,840円
ナンバー登録代行料 18,900円
自賠責保険37ヵ月 14,950円
重量税 5,700円
G防犯登録料 1,080円
乗り出し参考価格 625,370円
自賠責保険を複数年でご契約の場合には料金が別途かかります。
ナンバー登録が栃木県外の場合には、登録料が10,800円追加になります。
納車時、配達をご希望の方は、配達料が別途かかります。