2019年モデル カワサキ NINJA400/KRT が8月30日発表になりました。ご予約受付中です。

2018年10月1日発売予定のカワサキ NINJA400シリーズのご予約受付を開始しました。

2018年8月30日にカワサキモータースジャパンより車体色変更で発表された NINJA400シリーズの紹介です。

軽量トレスフレームに新設計の398cc高出力エンジンを搭載し、タイヤは前後ラジアルタイヤを装備。LEDヘッドライトが標準装備となっております。2018年モデルでフルモデルチェンジし車両重量とデザインを一新し人気のNINJA400です。(車体がNINJA250用ものもの使用している為軽量になっております。)
(2018年モデルから2019年モデルの変更点は車体色のみです。ただし、KRTエディションは継続色です。)
車名にABSの文字がありませんがABSは標準装備となっております。(ABS装着無しのモデルは販売しておりません。)
ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーしてくれます。

2019年モデルNINJA400は、生産国がタイ王国となります。

カワサキ NINJA400シリーズの主な特徴(2017年モデルとの比較です。)

・ABS標準装備
・最高出力48ps/10,000rpmにアップ
(2017年モデルは、 44PS/9,500rpm)
・さらに軽いクラッチ操作が可能になった、ニューアシスト&スリッパークラッチ
・フロントブレーキディスク外径Φ310mmに変更
(2017年モデル Φ300mm)
・新作星形御5スポークホイール
・燃料タンク容量14リットル
(2017年モデル 15リットル)
・NINJA H2の要素を取り入れた先進的なデザインに変更
・LEDヘッドライト&LEDテールランプ装備
・ギヤポジションインジケーター装備
・ヘルメットロック標準装備
・車両重量 167kgと軽くなりました。
(2017年モデルのABSモデル 211kg)

2018年モデルからの変更点

・車体色のみ変更、その他の変更点は特になし。
KRTエディション:継続色
ブラック(廃色) → ブラック/グレイ(ブラック/グリーン)
オレンジ/グレイ(廃色) → レッド/ブラック

発表日

2018年8月30日(木曜日)

発売日

2018年10月1日(月曜日)

車体色

NINJA400 KRT Edition

ライムグリーン/エボニー(グリーン) の1色

NINJA400

エボニー/メタリックマグネティックダークグレー(ブラック)

キャンディパーシモンレッド/メタリックマグネティックダークグレー(レッド) の2色

合計3色で販売されます。

価格

NINJA400 KRT Edition ライムグリーン/エボニー

メーカー希望小売価格
710,640円(税込)

乗り出し参考価格
751,270円(ナンバー登録料、自賠責保険37ヵ月、重量税、G防犯登録料込の価格)

NINJA400 ブラック と レッド

メーカー希望小売価格
716,040円(税込)

乗り出し参考価格
756,670円(ナンバー登録料、自賠責保険37ヵ月、重量税、G防犯登録料込の価格)
となります。

ご注文殺到する恐れがあります。お早目にご検討いただけると幸いです。

なお、ご注文を頂いても納車までに数か月かかる事や、ご注文台数が生産台数を超えるとご注文をお受けできなくなる事がございますので、ご了承ください。

最後になりますが、カワサキのNINJA400シリーズは https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja400/ です。