2018年モデル ヤマハ トリシティ125 サンプル画像
画像はサンプルです。

ヤマハ発動機株式会社より トリシティ リコール(無償修理)のお知らせ

ヤマハ発動機株式会社より、2018年10月30日に国土交通大臣に対して、下記の通りリコールの届出がありましたので、お知らせします。

リコール届出番号4357リコール開始日平成30年10月31日
不具合の部位(部品名)原動機(冷却水ホース)
不具合内容ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースの材料の配合量が不適切なため、当該ホースの耐久性が不足しているものがある。そのため、当該ホースが早期に劣化して亀裂が生じ、最悪の場合、亀裂部から冷却水が漏れるおそれがある
改善措置の内容全車両、ラジエターとリザーバータンクを繋ぐホース及びリザーバータンクのブリーザーホースを対策品に交換する。
対象車両
車名型式通称名リコール対象車の車体番号
(シリアル番号)の範囲及び制作期間
リコール対象車の台数備考
ヤマハ2BK-SG37JTRICITY MW150A

(トリシティ155)

SG37J-001002 ~
SG37J-003795
平成28年10月13日 ~ 平成30年5月22日
2,750台
2BJ-SEC1JTRICITY MW125

(トリシティ125)

SEC1J-002001 ~
SEC1J-002570
平成29年11月10日 ~ 平成30年2月21日
560台
TRICITY MW125A

(トリシティ125ABS)

SEC1J-001001 ~
SEC1J-001332
平成29年11月3日 ~ 平成30年4月30日
326台
(計2型式)(計3車種)(制作期間の全体の範囲)
平成28年10月13日 ~ 平成30年5月22日
計3,636台

※リコール対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記ヤマハのホームページよりご確認ください。

当店でもリコール対策作業をさせて頂いておりますが、対策部品の数に限りがございますので、ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

ヤマハ発動機販売株式会社のトリシティ リコールのお知らせページ  https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2018-10-30/index.html

ヤマハ発動機販売株式会社のリコール等の無償修理の対象車検索のページ https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/