↑クリックすると写真が拡大します。

原付二種AT免許(125cc以下)の1日で受講できる技術教習の時間が増えました。

2018年7月の道路交通法改正に伴い、AT小型限定免許の取得における教習所での1日あたり受講できる技術教習の上限時間が3時間から4時間へ引き上げられました。
それによって教習所に通う最短日数が3日から2日に短縮されました。(教習所により取得日数が異なりますので、教習所に入校される前にご確認ください。)

AT小型限定普通二輪免許は、125cc以下のスクーターやカブシリーズの様なクラッチレバーのない125cc以下のオートバイを運転する事が可能です。

原付一種(50cc)と比べると、
・2人乗りが可能
・速度規制が60km/hになる。
・二段階右折が不要
の様なメリットがあります。

さらに、自賠責保険は、原付一種と同じ料金で、任意保険は原付一種と同じファミリーバイク特約でご加入頂く事が可能です。

毎日の通勤やお買い物など日常の足として50ccオートバイをお乗りの方、これを機にステップアップするのも良いかもしれません。