改善対策(無償修理)のお知らせ スズキ アドレス110

改善対策(無償修理) スズキ アドレス110 サンプル画像
こちらの画像はアドレス110のサンプル画像です。

スズキ株式会社よりアドレス110の改善対策(無償修理)のお知らせです。

スズキ株式会社から、平成31年1月17日国土交通省自動車局長に対して、下記のとおり改善対策の届け出がありましたので、お知らせします。

改善対策番号 : 569
改善対策開始日 : 平成31年1月18日

不具合の部位原動機(クランクシャフト)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 クランクシャフトの発電機ロータ取付部のテーパ加工が不適切なため、当該クランクシャフトと発電機ロータが正しく嵌合(かんごう)していないものがある。
そのため、エンジン回転時にクランクシャフトの発電機ロータ位置決めキー溝に過大な荷重がかかり、最悪の場合、クランクシャフトが破損し、走行中にエンストに至るおそれがある。
改善措置の内容全車両、クランクシャフトの発電機ロータ取付部(テーパ部)表面の摩耗を点検し、許容以上の摩耗が認められる場合は、クランクシャフトを良品に、発電機ロータを新品に交換する。
摩耗が許容内である場合は、テーパ形状を測定し、テーパ形状が不適切なものは、発電機ローターをクランクシャフトのテーパ形状に合わせた対策品に交換する。
なお、車体番号によりクランクシャフトのテーパ形状が不適切であることが明白な車両は、テーパ形状測定を行わず、発電機ロータを対策品に交換する。
車名型式通称名改善対策対象車の車体番号(シリアル番号)
の範囲及び製作期間
改善対策対象車の台数
スズキEBJ-CE47Aアドレス110CE47A-103377 ~
CE47A-107092
平成27年6月19日 ~
平成28年4月12日
2,223台
EBJ-CE47Aアドレス110CE47A-118196 ~
CE47A-131400
平成28年7月13日 ~
平成29年8月28日
9,096台
2BJ-CE47Aアドレス110CE47A-131934 ~
CE47A-135011
平成30年4月16日 ~
平成30年10月23日
26台
計1型式計1車種(制作期間の全体の範囲)
平成27年6月19日 ~
平成30年10月23日
計11,345台

※改善対策対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記スズキのホームページよりご確認ください。

当店でもリコール対策作業をさせて頂いておりますが、対策部品の数に限りがございますので、ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

スズキ アドレス110無償修理お知らせのページは、 http://www.suzuki.co.jp/recall/motor/2019/0117/ です。

ヤマハ発動機販売株式会社のリコール等の無償修理の対象車検索のページは、 http://www.suzuki.co.jp/recall/ です。
対象の車両をお持ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。