リコール(無償修理)のお知らせ ホンダ CRF450L について

リコール情報 ホンダ CRF450L

画像はサンプルです。

ホンダモーターサイクルジャパンより CRF450Lのリコール(無償修理)のお知らせ

本田技研工業株式会社から、2019年10月3日に国土交通大臣に対して、下記の通りリコール(無償修理)の届出がありましたので、お知らせします。

リコール届出番号 : 4579
リコール開始日 : 令和元年10月4日

不具合の部位(部品)警報装置(警音器、ホーン)
基準不適合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因
警音器(ホーン)を車体に取付けるステーの強度が不足しているため、特定のエンジン回転領域で発生する振動により、当該ステーに負担がかかり、亀裂が生じる事があります。
そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、破断して、最悪の場合、警音器が脱落するおそれがあります。
改善外の内容警音器アッセンブリ―(ホーンASSY)を対策品と交換します。
車名型式通称名対象車の車体番号の範囲及び
製作期間
対象台数
ホンダ2BL-PD11CRF450LPD11-1000004 ~
  PD11-1000272
平成30年8月27日 ~
  平成30年11月6日
243台
(計1型式)(計1車種)(制作期間の全体の範囲)
平成30年8月27日 ~ 平成30年11月6日
計243台

※リコール対策対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記ホンダのホームページよりご確認ください。

当店でもリコール対策作業をさせて頂いておりますが、対策部品の数に限りがございますので、ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

ホンダモーターサイクルジャパンのCRF450Lの警音器(ホーン)交換リコールお知らせのページは、
https://www.honda.co.jp/recall/motor/info/191003_4579.html

ホンダモーターサイクルジャパンのリコール等の無償修理の対象車検索のページ https://www.honda.co.jp/recall/