リコール(無償修理)のお知らせ ヤマハ YZF-R25/YZF-R3 について

リコール情報 ヤマハ YZF-R25 2019年モデル(サンプル画像)

画像はサンプルです。

ヤマハ発動機株式会社より YZF-R25/YZF-R3のリコール(無償修理)のお知らせ

ヤマハ発動機株式会社から、2020年2月4日に国土交通大臣に対して、下記の通りリコール(無償修理)の届出がありましたので、お知らせします。

リコール届出番号 : 4653
リコール開始日 : 令和2年2月5日

不具合の部位(部品)①制動装置(前輪用ブレーキホース)
②制動装置(前輪用ブレーキホースホルダー)
基準不適合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因
①警音器の電気配線において、配索指示が不適切なため、ハンドルを左に切ると前輪用ブレーキホースと接触するものがある。
そのため、当該ブレーキホースの保護材が摩耗し、そのままの状態で使用を続けると、当該ホースが損傷して、最悪の場合、ブレーキ液が漏れ制動力が低下するおそれがある。

②前輪用ブレーキホースを固定するホルダーにおいて、当該ホルダーの曲げ加工が不適切なため、正しい状態で取り付けられていないものがある。
そのため、走行振動等により当該ホルダーが外れ、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキホースがフロントフォークに接触して当該ホースが損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れ、制動力が低下するおそれがある。
改善の内容①全車両、警音器の電気配線の取り回しを変更する。
なお、当該ブレーキホースを点検し、損傷が認められるものは新品に交換する。

②全車両、当該ホルダーを新品に交換する。なお、当該ブレーキホースを点検し、損傷が認められるものは新品に交換する。
型式通称名対象車の車体番号の範囲及び
製作期間
対象台数備考
2BK-RG43JYZF-R25ARG43J-005921 ~
  RG43J-007829
平成30年12月4日 ~
  平成31年2月25日
265台①②
2BK-RG43JYZF-R25ARG43J-005922 ~
  RG43J-008320
平成30年12月4日 ~
  平成31年3月15日
503台
2BL-RH13JYZF-R3ARH13J-002681 ~
  RH13J-003200
平成31年4月25日 ~
  令和元年7月12日
359台
(計2型式)(計2車種)(制作期間の全体の範囲)
平成30年12月4日 ~
 令和元年7月12日
計1,127台①265
②1,127

※リコール対策対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記ヤマハのホームページよりご確認ください。

当店でもリコール対策作業をさせて頂いておりますが、対策部品の数に限りがございますので、ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

ヤマハ YZF-R25、YZF-R3 のリコールお知らせのページは、

YZF-R25A/YZF-R3Aに関するリコールについて - 重要なお知らせ | ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機販売株式会社のリコール等の無償修理の対象車検索のページ

バイク・スクーター関連
ヤマハ発動機製品に関するリコール関連情報をご案内します