新商品情報 2020年モデル ヤマハ NMAX125 ABS 発表

新商品情報 ヤマハ NMAX125 2020年 新色 発表

2020年モデル ヤマハ NMAX ABSのご予約受付を開始しました。

 走りの楽しさと環境性能を両立させたBLUE CORE(ブルーコア)エンジンを搭載している125ccスクーター(原付二種) ヤマハ NMAX125 ABS のマットブルーが2020年モデルとして発表されました。
 2019年まで販売してましたブルーは廃色となりました。マットグレーとホワイトは継続になります。

 NMAXはTMAXやXMAXのDNAを継承するスクーターで、スポーツ性の際立つスタ入りリングを継承してます。
 LEDヘッドライト(ハイビームは中央のライトが追加で点灯します。)、LEDストップランプ、フル液晶マルチファンクションメーターなど上質な装備品を備えたスクーターです。

 ホイール周りは、前後13インチのホイールとワイドなタイヤが採用されてます。(フロント:110/70-13 リア:130/70-13)
 ブレーキは前後ディスクブレーキを装備しABSも標準装備してます。

 シートは2人乗りも楽にできるロングの2段シートで、シート下には容量約24リットルの収納スペース(ヘルメットの形状によっては入らないものがあります。)があります。
 ハンドル左下には小物を入れるスペースがありますので、何かと便利使えます。

 ガソリンは、レギュラーガソリン仕様で、ガソリンタンク容量は6.5リットルになります。燃費が良い原付二種スクーターですので、これだけの量のガソリンが入ってしまうと給油を忘れてしまうかもしれませんが、メーターパネルにガソリン残量計が装備されてますので、時々チェックしてください。

 センタースタンドだけでなくサイドスタンドも標準装備されてますので、乗り降りが楽にできます。

 2020年モデルは主要諸元の変更はございません。車体色のみの変更となります。

 125ccスクーターとしては少し大きいサイズになりますが、ツーリングから通勤通学などいろいろな用途で活躍できると思います。
 気になりましたら是非店頭でご相談ください。

車体色は 新色のマットブルー と グレー ホワイトの3色となります。

生産国はインドネシアになります。

NMAX ABS快適セレクションについて

 ロングスクリーンやトップボックスが装着されたNMAX ABS 快適セレクションもNMAX ABSと同様車体色が変更されます。

主な装備品

・水冷 4ストローク SOHC 4バルブ 単気筒 124cc エンジン
 (BLUE CORE エンジン)
・フル液晶マルチファンクションメーター
・前後ディスクブレーキ
・ABS(アンチロック ブレーキ システム)
・LEDヘッドランプ
・LEDストップランプ
・容量約24リットルシート下収納スペース
・フロントポケット
・サイドスタンド&センタースタンド
・盗難抑止のキーシャッター

発表日

2020年4月9日(木曜日)

発売日

2020年4月25日(土曜日)

車体色

・マット ダーク パープリッシュ ブルー メタリック5:新色
 (マットブルー)
・マット グレー メタリック3:継続色
 (マットグレー)
・ホワイト メタリック6:継続色
 (ホワイト)
の3色になります。

価格

NMAX ABS

メーカー希望小売価格
357,500円
乗り出し参考価格
362,415円(ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)
となります。

NMAX ABS 快適セレクション

メーカー希望小売価格
396,000円
乗り出し参考価格
400,915円(ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)
となります。

その他

 ご注文台数がメーカーの生産予定台数を超えるとご注文をお受けできなくなる事がございますので、ご注意ください。

 最後になりますが、
ヤマハ NMAX ABS のページは、 https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/ です。
ヤマハ NMAX ABS 快適セレクションのページは https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/selection/ になります。