リコール(無償修理)のお知らせ ヤマハ FJR1300A について

リコール(無償修理)のおしらせ ヤマハ FJR1300A (画像はサンプルです。)

画像はサンプルです。

ヤマハ発動機株式会社より FJR1300Aのリコール(無償修理)のお知らせ

ヤマハ発動機株式会社から、2020年11月17日に下記の通りリコール(無償修理)のお知らせがありましたので、ご連絡させて頂きます。
今回のリコールは FJR1300ASは対象外になります。

リコール届出番号:4848

サービスキャンペーン開始日 : 令和2年11月17日

不具合の部位(部品名)動力伝達装置(変速ギヤ)
不具合の内容変速機において、1速から2速への変速時の評価が不十分なため、駆動側2速ギヤの強度が不足しているものがある。
そのため、1速から2速への変速時にギヤが2速に入らずニュートラルになった時に、スロットルを開けるとエンジンが空ぶかし状態となり、クラッチを切らずに2速に入れ直すと、駆動側2速ギヤに過大な力がかかり、当該ギヤに亀裂が生じて、最悪の場合、当該ギヤが破損して走行できなくなるおそれがある。
改善の内容全車両、駆動側変速機一式を対策品に交換し、被駆動側変速機一式を新品に交換する。
また、エンジンコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換える。
型式通称名対象車の車体番号の範囲及び
製作期間
対象台数
2BL-RP25JFJR1300APRP25J-000059 ~
  RP25J-000196
平成29年2月6日 ~
  令和2年1月15日
138台
2BL-RP27JFJR1300ARP27J-000832 ~
  RP27J-001886
平成28年6月3日 ~
  令和2年10月16日
523台
計2型式計2車種(制作期間の全体の範囲)
平成28年6月3日 ~
 令和2年10月16日
計661台

※リコール対策対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記ヤマハのホームページよりご確認ください。

今回のリコール作業は、作業にお時間と場所さらに高度な技術を必要とする為、ヤマハでFJR1300専用のリコール回収センターが開設されております。その為、当店では直接作業を行わず、ヤマハ リコール回収 センター へお願いすることとなります。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。
ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。

ヤマハ FJR1300お知らせのページは、 https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2020-11-02/

ヤマハ発動機販売株式会社のリコール等の無償修理の対象車検索のページ https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/