CRF250RALLY(ラリー) ブラック/レッド

いつも取付位置に苦労するETC。今回は2017年2月20日にホンダから新発売になった CRF250RALLY(CRF250ラリー)にETCを取り付けました。アンテナの位置やランプ、車載器本体の位置をうまく取付が出来たと思います。取付の参考にして頂けると幸いです。
取り付けに使用したETCは日本無線のJRM-11(二輪車用分離型ETC1.0車載器)です。

初めに一番気になるのETCアンテナの設置場所は、

ホンダ CRF250RALLY 分離型ETC取付 アンテナ取付位置

ETCのアンテナは、隠せるようなスペースが見つからず、メーターパネルの下側に取り付けました。車体色とアンテナの色が似ているので、あまり目立たないように上手く取り付けられたと思います。
アンテナのまわりにも電波障害になる物とありませんので、安心です。

次にETCランプの取付位置です。

ホンダ CRF250RALLY 分離型ETC取付 ETCランプ取付位置

ETCランプはメーターパネル下側のステーに取り付けました。
メーターに近い位置なので、メーター確認と一緒に見る事が出来ます。

最後にETC車載器本体の設置は、

ホンダ CRF250RALLY 分離型ETC取付 車載器取付位置

シート左下の工具入れにかなり大きなスペースがあるのでその中に入れます。この工具入れはカギを掛ける事が出来るので、安心です。
オフロードタイプのバイクは用品を取り付けるスペースが確保されてないので、取付に苦労します。それでもCRF250ラリーはまだスペースがある方ですので、ちょっと工夫で上手く取り付ける事が出来ました。