ヤマハ ツーリングセロー オレンジ(2018年モデル) の商品紹介

新車 ヤマハ ツーリングセロー 2018年モデル オレンジ みぎ側

ツーリングセローは、ヤマハ発動機より先日発売になったセロー250にワイズギアのオプション品(ウィンドシールド、エンジンアンダーガード、リアキャリア、ハンドルガード)を装着して販売されたアクセサリーパッケージモデルです。

装着されているオプション品は、全てワイズギア製で、
○アドベンチャースクリーン
○ブラッシュガード
○アドベンチャーリアキャリア
○アルミアンダーガード
になります。

ハンドルガードとフロントスクリーンは防風効果もありますが、林道などを走行する際に、前方から飛んでくる泥や石が手や体に当たりにくくし体へのダメージを軽減してくれます。

ガソリンタンクは9.3リットル入りますので、1回の給油で200kmから250km位は走行できてしまいます。(使用する燃料はレギュラーガソリンになります。)

メーターパネルには、デジタル表示で速度表示の他、走行距離(ODO、TRIP)、時計が表示されます。(タコメーターは装着されてませんのでご注意ください。)さらに、燃料が少なくなってからどの位走行をしたか表示してくれる フューエルトリップ も付いてます。

リヤキャリアは大型で使い易いのが特徴的で、最大積載量は6.5kgです。シートとあまり高さが変わらないので、シートからキャリアに掛けて、キャンプ道具などの荷物を載せたり、キャリアの上にトップボックスをつけて使用したりするなど、幅広くご利用いただけるリアキャアリアです。

シート高は830mmとオフロードタイプとしてはあまり高くないので足つきに自信がない方にもお勧めです。(オフロードバイクはシートがスリムなので、見た目は車高が高いように思えるのですが、またがるとサスペンションが沈み込むので、意外と足が地面についてしまいます。)

エンジンの下にはアルミ製のエンジンアンダーガードが装着されてます。悪路走行時のエンジンの石跳ねからのダメージを軽減してくれます。

ホイールは前後ともスポークホイールで、フロント21インチ、リヤ18インチです。
スポークホイールですとタイヤはチューブタイプになりますが、フロントタイヤがチューブタイプでパンクしやすいリヤタイヤは、標準でチューブレスタイヤが装着されてます。

エンジンは20PSとあまり馬力が無いので、初心者の方、ゆっくり走りたい方にお勧めの250ccオフロードバイクです。

250ccクラスのオフロードバイクは基本的に軽量です。もちろんこのツーリングセローも250ccクラスとしてはかなり軽量な車両となります。
バイクの出し入れは楽にできますので、毎日の通勤にご利用頂いたり、週末のツーリングにご利用頂いたり、時々林道を走行してみたりと幅広くご利用頂けると思います。

メーカー名ヤマハシート高830mm
車種名ツーリングセロー全長2,100mm
排気量250cc燃料タンク容量9.3リットル
グリーン/ホワイト使用燃料レギュラーガソリン
販売会社希望小売価格619,920円車両重量133kg(車両重量はセロー250の重量です。)
上記の店頭価格以外に諸費用が別途掛ります。最高出力14KW(20PS)
ツーリングセロー グリーン の乗り出し参考価格保証期間メーカー保証2年
店頭価格619,920円カスタム、その他ツーリングセローはヤマハ発動機から販売されているセローに下記オプション品を取り付けた車両になります。

○アドベンチャースクリーン

○ブラッシュガード

○アドベンチャーリアキャリア

○アルミアンダーガード

上記用品を装着させてます。こちらの用品は全てワイズギア製になります。

ナンバー登録代行料18,900円
自賠責保険12ヵ月8,650円
重量税4,900円
G防犯登録料1,080円
乗り出し参考価格653,450円
自賠責保険を複数年でご契約の場合には料金が別途かかります。
ナンバー登録が栃木県外の場合には、登録料が10,800円追加になります。
納車時、配達をご希望の方は、配達料が別途かかります。