リコールのお知らせです。 ホンダ タクト ジョルノ

画像はサンプルです。

ホンダモーターサイクルジャパンより タクト ジョルノ のリコール(無償修理)のお知らせ

ホンダモーターサイクルジャパンから、2018年11月29日に国土交通大臣に対して、下記の通りリコール(無償修理)の届出がありましたので、お知らせします。

リコール届出番号外-2756 、 4388リコール開始日平成30年11月30日
不具合の部位(部品名)制動装置(ブレーキレバーブラケット)
不具合内容ブレーキレバーブラケットのストップスイッチ位置決め溝の寸法が不適切なため、ストップスイッチが雨水等の被水による膨潤と収縮を繰り返して変形すると、当該ブラケットの位置決め溝端部まで押し込まれるものがあります。そのため、ブレーキレバーを放した状態でも、制動灯が点灯したままになるおそれがあります。
改善措置の内容ブレーキレバーブラケットを対策品に交換します。
対象車両
車名型式通称名改善対策対象車の車体番号
(シリアル番号)の範囲及び制作期間
改善対策対象車の台数
ホンダJBH-AF75タクトAF75-1000037 ~
AF75-1037814
平成26年11月15日 ~ 平成27年9月30日
37,774台
JBH-AF79AF79-1100001 ~
AF79-1161700
平成28年1月20日 ~ 平成29年8月30日
61,697台
2BH-AF79AF79-1200015 ~
AF79-1221721
平成29年9月21日 ~ 平成30年4月27日
21,707台
JBH-AF77ジョルノAF77-1000018 ~
AF77-1026310
平成27年9月18日 ~ 平成29年8月31日
26,291台
2BH-AF77AF77-1100014 ~
AF77-1104920
平成29年10月25日 ~ 平成30年4月17日
4,907台
(計5型式)(計2車種)(制作期間の全体の範囲)
平成26年11月15日 ~ 平成30年4月27日
計152,376台

※改善対策対象車の車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれてます。
対象車の確認は、店頭又は、下記ホンダのホームページよりご確認ください。

当店でもリコール対策作業をさせて頂いておりますが、対策部品の数に限りがございますので、ご来店いただく前に一度ご連絡いただけると幸いです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

ホンダモーターサイクルジャパンのタクト(リコール届出番号:外-2756)無償修理お知らせのページ http://www.honda.co.jp/recall/motor/info/181129_2756.html

ホンダモーターサイクルジャパンのタクト、ジョルノ(リコール届出番号:4388)無償修理お知らせのページ http://www.honda.co.jp/recall/motor/info/181129_4388.html

ホンダモーターサイクルジャパンのリコール等の無償修理の対象車検索のページ http://www.honda.co.jp/recall/