新商品情報 ヤマハ YZF-R25/R3 2020年モデル 発表

新商品 ヤマハ YZF-R25&YZF-R3 2020年モデル発表(写真はYZF-R3)

写真はYZF-R3 2020年モデルになります。

2020年モデル ヤマハ YZF-R25/ABS & YZF-R3 ABS 2月14日発売

 フルカウルを装備したヤマハの250ccのスポーツバイクYZF―R25/ABS&YZF-R3の2020年モデルが発表になりました。

 2020年モデルのYZF-R25&R3は2019年モデルからの主要諸元の変更はありません。車体色の変更のみとなります。

 YZF-R25&R3のデザインは空力特性を向上させ、YZF-M1をシンボルとしたフロントカウル&スクリーンの装備(車両デザインの変更)や、快適性とスポーツ性をバランスさせる倒立式フロントサスペンション(インナーチューブ径37mm)、走行風をラジエ―ターに導くセンターダクトなどデザインと機能を両立させた250ccになります。

 ハンドル位置は2018年モデル(マイナーチェンジする前のモデルです。)と比べて約22mmダウンしてます。これにより、市街地での乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを融合させたポジションになってます。

 フル液晶のデジタルメーター(シフトタイミングインジケーター、燃料計、バーグラフタイプのタコメーター、ギアポジション、時計などが表示されます。)や肉抜きのトップブリッジが装備されており、またがった時に見える部品一つ一つにもこだわりが感じられるつくりになってます。
 それ以外にも14リットルのガソリンタンクやLEDヘッドライト、など250ccのコンパクトなボディにいろいろな装備品を装着しています。

車体色は、
・ブルー
・マットブラック
・マットシルバー
の3色で販売されます。(YZF-R25/ABS YZF-R3 共に同じ色で販売される予定です。)
※マットレッドは廃色となりました。

生産国はインドネシアです。

主な装備品

・水冷 並列2気筒 4ストローク DOHC 4バルブ エンジン
・ABS(YZF-R25ABS、YZF-R3のみに装備)
・LCDメーター
・ハザードランプ
・肉抜き加工のハンドルクラウン(トップブリッジ)
・LEDヘッドライト&LEDポジションランプ
・倒立フロントサスペンション(インナーチューブ径37mm)
・空力特性を向上させたスクリーン&カウル
・走行風をラジエーターに導くセンターダクト

車体色

・ディープ パープリッシュ ブルー メタリックC
 (ブルー)
・マットブラック2
 (マットブラック)
・マット シルバー1
 (マットシルバー)

発表日

2020年1月16日(木曜日)

発売日

2020年2月14日(金曜日)

車体価格・その他

YZF-R25

メーカー希望小売価格
 610,500円
乗り出し参考価格
 623,005円(ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、重量税、G防犯登録料、10%消費税込の価格)

YZF-R25 ABS

メーカー希望小売価格
 654,500円
乗り出し参考価格
 667,005円 (ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)

YZF-R3 ABS

メーカー希望小売価格
 687,500円
乗り出し参考価格
 707,105円 (ナンバー登録料、重量税、自賠責保険37ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)
※YZF-R3はABS装着車のみの販売になります。(ABS非装着車は販売されてません。)

ご注文台数がメーカーの生産予定台数を超えるとご注文をお受けできなくなる事がございますので、ご注意ください。
ヤマハ YZF-R25/ABS、YZF-R3 のページは https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/ です。

YZF-R25/R3 2019年モデルとの車体色比較

2019年モデルのYZF-R3(上の写真)と2020年モデルのYZF-R3(下の写真)を上下に並べました。

新商品情報 ヤマハ YZF-R3 ABS 2019年モデル発表
2019年モデルのYZF-R3です。
新商品 ヤマハ YZF-R25&YZF-R3 2020年モデル発表(写真はYZF-R3)
2020年モデルのYZF-R3です。

車体色の変更箇所

YZF-R25/ABSとYZF-R3の2019年モデル、2020年モデル共に配色が一緒なので、YZF-R3の写真で比較しました。

・ブルー
 変更点
 1.フロントフェンダーとリヤカウルがグレーに変更
 2.アンダーカウルがブルーに変更
 3.デカール変更
 4.フロントフォークアウターチューブ色をブラックに変更

・マットブラック
 変更点
 1.タンクカバーとヘッドライトサイドカバーをブラックメタリックに変更
 2.デカール変更
 3.フロントフォークアウターチューブ色をブラックに変更

・マットシルバー
 変更点
 1.マットレッドが廃色になり、代わりにこのマットシルバーが新色で発売されます。
 その他
 フロントフォークのアウターチューブの色がゴールドなのは、マットシルバーだけです。
 ホイールにリムストライプが装着されてます。