新車情報 スズキ ジクサー(GIXXER) 150cc  バイク

新車 スズキ ジクサー150 ブラック の商品紹介

 スポーティな走りと扱いやすさを兼ね備えた150ccのエンジンに5速トランスミッションを搭載したネイキッドスタイルのジクサー150です。(総排気量は154ccです。)
 車両重量が135kgと軽量ですので、オートバイの出し入れが楽に行えます。

 150ccは軽二輪になります。高速道路や有料道路の走行が可能で、二人乗りで走行することも可能です。(免許の区分は普通自動二輪になります。AT限定では乗ることができません。)

 オプション品のトップボックスを取り付けると荷物も積載できるようになるので、日帰りツーリングだけでなく毎日の通勤通学や宿泊ツーリング、キャンプツーリングといろいろな場面で活躍できるオートバイになります。ただし、150ccクラスのエンジンですので、スピードはあまり出ません。(多分最高速は100km/h前後だと思います。)
 時間を気にせずにゆっくり走行したい方におすすめしたいバイクです。

スズキ ジクサー150 の主な装備品

タイヤ、ブレーキ、マフラー

 
 前後タイヤは17インチタイヤが装備されてます。
フロント100/80-17 リヤ140/60R17で、シート高が785mmと高すぎず、低すぎず、乗りやすい高さに設定されてます。
(当店の車両に装着されているタイヤはフロント ダンロップのK275F リア ダンロップのSPORT RADIAL K510B が付いてます。)
 ホイールは6本スポークタイプのホイールで赤のリムストライプが装着されてます。
 ブレーキは前後ともディスクブレーキが装備されておりが、ABSは非装着になります。
 マフラーはマフラーエンドがデュアルタイプにっています。デザイン性も考えられたマフラーになります。

デジタルメーターパネル


 新車の写真の為、電源オンの写真はございません。ごめんなさい。(-_-;)
 フル液晶デジタルメーターパネルには、速度表示はもちろんですが、バータイプのタコメーターや時計、ギヤポジション、燃料残量(ガソリン残量)、走行距離(ODO、TRIP1、2)が表示されます。

 このメーターパネルには、任意で設定したエンジン回転数でランプが光る回転インジケーター(シルトアップインジケーター)が付いてます。
 エンジンの慣らしの時期は、低回転で点灯するようにしたり、走行していて力が出やすい回転領域でシフトチェンジができるように設定したりと、ライダーの好みの回転数で点灯タイミングを設定することができます。

 さらに、電源を入れたときには、オープニングメッセージとして、“READY GO”の文字が表示されます。エンジン始動時は、いつでもこのメッセージで迎えてくれます。

総排気量154ccのエンジン

 
 装備されている 「空冷 4サイクル 単気筒 SOHC 2バルブエンジン」は、ロングストロークで中低速トルクがあり、街乗りからツーリングまで気持ちよく扱えます。
 エンジン回りには空冷エンジン特有の冷却用のフィンがついてます。最近では冷却性能が高い水冷エンジンが多く採用されているので、この空冷エンジンのフィンはあまり見かけなくなりました。

 このエンジンに採用されている “SEP” エンジンは、
 Suzuki Eco Performance の略で、燃焼効率を上げ、フリクションロスを低減することで、エンジンのパワーを落とすことなく低燃費を実現できるように工夫されたエンジンの総称になります。
(エンジンの最高出力は 14PS/8000rpm 最大トルク 1.4kgf・m/6000rpmになりますので、7000rpm辺りがちょうど良く力が出るようになっているとの事。乗りやすいバイクだと思います。)

センタースタンド標準装備、その他

 
 センタースタンドが標準で装備されてます。
 ツーリング後にドライブチェーンのメンテナンスやホイールの清掃などに重宝します。
 車体が軽いのでセンタースタンドも上げやすいと思います。

 製造国は インド になります。

150ccのバイクに必要な免許の種類

 ジクサー150は、軽二輪のバイクになります。250ccと同じクラスに分けられるオートバイになりますので、免許証の区分は普通自動二輪以上(AT限定を除く)の免許証をお持ちであれば運転することが可能です。
 軽二輪ですので、2人乗りや、高速道路も可能です。
 扱いやすい車体サイズで、車両重量135kgとあまり重くないので、免許取りたての初心者の方やセカンドバイクとしてのご利用をお考えの方、毎日の通勤通学にご利用になりたい方、お休みの日のツーリングにご利用をお考えの方、いろいろな用途で活躍できる扱いやすいバイクになります。

 是非一度、店頭で車両をご覧いただき、その軽さを体験してください。

新車 ホンダ ジクサー150 の詳細情報

メーカー名スズキシート高785mm
車種名ジクサー150全長2,005mm
排気量150cc燃料タンク容量12リットル
ブラック(黒)指定燃料レギュラーガソリン
保証期間メーカー保証2年最高出力14PS
生産国インド車両重量135kg
変速機形式常時嚙合式5段リターン
カスタム、その他
・ノーマル

新車 スズキ ジクサー150 の車両価格

車両本体価格327,800円
値引き-41,800円
ナンバー登録料 19,800円
自賠責保険12ヵ月  7,670円
重量税  4,900円
G防犯登録料  1,155円
乗り出し参考価格319,525円

ナンバー登録が栃木県外の場合には、登録料が14,300円追加になります。
納車時、配達をご希望の方は、配達料が別途かかります。

おまけ ジクサーのメーターの使い方

 スズキ ジクサーのメーターパネルはコンパクトなのにいろいろな機能が詰まったフル液晶デジタルメーターパネルには、デジタル表示部分は、上でも紹介しましたが、速度表示、バータイプのタコメーターや時計、ギヤポジション、燃料残量(ガソリン残量)、走行距離(ODO、TRIP1、2)などが表示されます。

 さらに右にある “RPM” と書かれたランプは、任意で設定したエンジン回転数でランプが光る回転インジケーター(シルトアップインジケーター)になってます。と説明させていただきました。
この回転インジケーターの使い方の説明をさせて頂きます。

回転インジケーターの設定のやり方

スズキ ジクサー150(GIXXER) ブラック メーターパネル

①スイッチオン
②オープニング画面が終わるのを待つ
③メーターパネル左下のSELボタンを2秒以上(画面が変わるまで)長押しする。
(設定モードに切り替わるとODO、TRIPが消えます。)
④SELボタンを離す。
⑤RPMランプの点灯方法の設定を行います。(メーターの液晶部分右下にイナズマの様なマークが出ます。)
 ⑤-1 ADJボタンで光り方を変更します。
 (ADJを短く1回押すとRPMランプの光り方を変更できます。)
 点灯 → 点滅 → 消灯 → 点灯 の順で変わります。(この3パターンから選択してください。)
 ⑤-2 RPMランプの光らせ方が決まったら、SELボタンを1回押してください。
⑥点灯回転数設定(点灯、点滅を選択した場合は、光始める回転数を入れます。)
 ⑥-1 ADJボタンを短く1回して押しタコメーターを設定します。
 (4000rpmから9500rpmの間で500rpm刻みに変化します。)
 ⑥-2 RPMランプを光らせたいエンジン回転数になったらSELボタンを押して設定完了です。
設定した後は設定が記憶されますので、スイッチをオフにしても大丈夫です。

ジクサーの時計の合わせ方

①スイッチをオンにする
②オープニング画面が終わるのを待つ
③メーターパネル下の SELボタン と ADJボタンを同時に2秒以上押す(長押しする)
④時計表示が点滅したら SELボタン と ADJボタンから手を放してください。
⑤SELボタンを押し、時 表示を調整します。(短く1回押すと 1 上がります。)
⑥時 を合わせたらADJボタンを短く1回押し分に移動
⑦SELボタンを押し 分 を合わせる
⑧合わせ終わったら、SELボタン と ADJボタンを同時に2秒以上押す(長押しする)
これで完了となります。
時計は12時間表示になります。