新商品情報 ヤマハ トリシティ125 2021年モデル 発表

新商品 ヤマハ トリシティ125(TRICITY) 2021年モデル
写真はトリシティ125ABSになります。

2021年モデル ヤマハ トリシティ125/ABS 4月8日発売

 フロント2輪、リア1輪、合計3輪のヤマハのスクータートリシティー125、トリシティ125ABSの2021年の新色が発表になりました。
 トリシティ125シリーズはフロントタイヤ2輪、リヤタイヤ1輪の三輪スクーターです。オートバイの弱点ともいえるフロントの横滑りを少なくすることにより、転倒するリスクを軽減し乗りやすくした車両です。
 その為、車体が安定して走行し、精神的に負担が少なく、疲れ難い車両とも言えます。
フロントの二輪タイヤは左右が独立して動く構造になってますので、コーナーリングなどはハンドル操作と共にバンクして曲がります。
 その為、自立する事は出来ません。(駐車時は標準で装備されているサイドスタンド又は、センタースタンドをご使用ください。)

 フロントタイヤが二輪ある事で、歩道の乗り上げや、マンホール越え、交差点での横断歩道などの白線を乗り上げた時の横滑りのリスクを軽減してます。
 トリシティ125はABS装着車、非装着車からお選びいただくことが可能です。

 トリシティ125・ABSは原付二種になりますので、任意保険を自動車のファミリーバイク特約にオプションとして付ける事が可能ですので、保険代をお安くすることが可能です。

 2021年モデルのトリシティ125ABS、トリシティ125は、主要諸元の変更はございません。車体色の変更のみとなります。

生産国はタイ王国です。

主な装備品

トリシティ125ABS&トリシティ125

・水冷 4ストローク SOHC 4バルブ 124cc ブルーコア FIエンジン
・ABS(トリシティ125ABSにのみ装備)
・UBS(リアブレーキを操作すると、フロントブレーキも少し作動します。)
・LEDヘッドライト&LEDテールランプ
・ECOランプ付マルチファンクションメーター
・容量約23.5リットルのシート下トランク(LED照明付き)
・12V DCジャック(フロントトランク内)
・コンビニフック

車体色

トリシティ125&トリシティ125ABS

・ライト リーフ グリーン ソリッド6
 (イエロー) : 新色
・ホワイト メタリック6
 (ホワイト): 継続色
・マット グレー メタリック3
 (マットグレー): 継続色

発表日

2021年3月3日(水曜日)

発売日

2021年4月8日(木曜日)

車体価格・その他

トリシティ125ABS(TRICITY125 ABS)

メーカー希望小売価格
 462,000円
乗り出し参考価格
 477,915円 (ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)

トリシティ125(TRICITY125)

メーカー希望小売価格
 423,500円
乗り出し参考価格
 439,415円 (ナンバー登録料、自賠責保険12ヵ月、G防犯登録料、10%消費税込の価格)
ご注文台数がメーカーの生産予定台数を超えるとご注文をお受けできなくなる事がございますので、ご注意ください。
ヤマハ トリシティ125シリーズのページは https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity/ です。