2022年(令和4年) 年末の交通安全 県民総ぐるみ運動 のお知らせ

お知らせ 2022年 年末の交通安全 県民総ぐるみ運動(2022年12月11日~2022年12月31日)

2022年 年末の交通安全県民総ぐるみ運動 のお知らせ(2022年12月11日から12月31日までの21日間)

 2022年12月11日(日曜日)~2022年12月31日(土曜日)までの21日間、 年末の交通安全 県民総ぐるみ運動 を実施し交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、道路交通環境の改善に向けた取り組みを推進し、交通事故防止の徹底を図ります。

シートベルト等を正しく着用しないと、車内で全身を強打したり車外に放出される危険性があるため、すべての座席においてシートベルト、チャイルドシートを正しく着用しましょう。

 お年寄りやお子さんの交通事故が増えております。
「子供や高齢者に優しい3S運動」を実施し、みんなで交通ルール、交通マナーを守り交通事故に注意して行動し、交通事故の発生の抑止をし、交通事故死者数の減少を確実なものにしましょう。
※3S運動とは
 ・SEE(発見する):子供や高齢者をいち早く発見する。
 ・SLOW(減速する):子供や高齢者を見たら減速する。
 ・STOP(停止する):危険を感じたらすぐに停止する。

交通安全スローガン

マナーアップ!あなたが主役です

実施期間

2022年12月11日(日曜日)~2022年12月31日(土曜日)

運動の重点

1.子供と高齢者の交通事故防止

・子供や高齢者を交通事故から守る意識を高め、歩道や通学路等で保護誘導活動を行いましょう。
・運転者自身が身体機能の変化を認識して、安全運転を心掛けましょう。
・運転に不安がある高齢運転者等に対して、免許証返納後の各種支援やサービスを周知しましょう

2.飲酒運転等の根絶

飲酒運転を絶対に「しない・させない」環境づくりに努め飲酒運転を根絶しましょう。

飲酒運転の危険性を十分認識し、飲酒したら絶対にハンドルを握ってはいけません。

酒類を提供するお店の方へのお願い
 お客様が、車で来店したかどうかを確認しましょう。
 車を運転するお客様には絶対に酒類を提供をしないでください。
 お客様が運転代行等を依頼して帰る時は、その確認ができるまで車のキーを預かりましょう。

妨害運転(いわゆる「あおり運転」)の悪質性、危険性を認識し、あおり行為や急ブレーキ、割り込み等の妨害は絶対にやめましょう。

3.「ライト4(フォー)運動」と「原則ハイビーム」の推奨

 ・運転手は、午後4時にはライトを点灯し、夜間、先行車や対向車等がない時は、原則ハイビームで走行し、歩行者等の早期発見に努めましょう。
 ・歩行者は、明るい服装と反射材を身につけ、自分の存在をアピールしましょう。
 ・自転車はライトを早めに点灯の上、交通ルール、マナーを徹底し、安全運転に努めましょう。

4.自転車の交通ルール遵守の徹底

・車道走行が原則になります。
・左側を通行
・交差点では信号と一時停止を守って安全確認
・夜間はライト点灯
・飲酒運転は禁止
・ヘルメットを着用

横断歩道は歩行者優先

・横断歩行者がいる場合は、横断歩道の手前で一時停止し、歩行者を安全に横断させましょう。
・横断歩道で横断しようとする人や、横断中の人がいるのに停止しなかったり、横断を妨害した場合「横断歩行者等妨害等違反」として検挙の対象になります。

統一行動日

12月13日(火曜日)「子供や高齢者に優しい3S(スリーエス)運動」推進強化の日
12月16日(金曜日)「飲酒運転根絶」強化の日
12月19日(月曜日)「自転車マナーアップ」強化の日
12月22日(木曜日)「ライト4(フォー)とハイビーム」強化の日

信号機のない横断歩道では止まってください。

・横断歩行者がいる場合は、横断歩道の手前で一時停止し、歩行者を安全に横断させましょう。
・横断歩道で横断しようとする人や、横断中の人がいるのに停止しなかったり、横断を妨害した場合「横断歩行者等妨害違反」として検挙の対象になります。

その他、関連リンク

歩行者、自転車、オートバイ、自動車等、皆さんで、交通事故に注意して行動し、交通事故の発生を抑止しましょう。

栃木県の交通安全県民運動の概要 https://www.pref.tochigi.lg.jp/c03/2021nenkangyouji.html のページをご覧ください。