お買い上げありがとうございました。

ヤマハ YZF-R1 の特徴

ヤマハ YZF-R1 ホワイト 右側エンジンは 水冷 4サイクル 4気筒エンジンを搭載し最高出力 107KW(145PS)/11,000rpm、最大トルク 99N・m(10.0kgf・m)/10,000prm あります。
このYZF-R1のエンジンはMotoGPマシンのテクノロジーであるクロスプレーン型クランクシャフトエンジンを採用してます。隣り合うピストンの1番と2番、3番と4番のクランクピンの位置をそれぞれ90°位相させたエンジンです。これを1・3・2・4の点火順序で燃焼させると270°、180°、90°、180°の不当感覚での爆発となります。こうする事で、クランクまわりに生じる不要な感性トルクが排除され、燃焼トルクのみを発生させる事が出来るエンジンです。
このクロスプレーンエンジンは独特のエンジン音と爽快な走行性を実現してくれます。燃料タンクは約18リットル入り、使用燃料は無鉛ハイオクガソリンになります。
ヤマハ YZF-R1 ホワイト メーターパネルメーターパネルはデジタル式のスピードメーター指針式のタコメーターの他にシフトタイミングインジケーターランプ、トラクションコントロールシステム表示、燃料残量警告灯(ガソリン残量計はありません)、フューエルトリップメーター(燃料警告灯が点灯してからの走行距離を表示します)、水温表示、オドメーター、トリップメーター、吸気温表示、ギヤポジション表示、ドライブモード表示(選択されたドライブモードを表示します)、時計、他多数の機能が付いてます。

メーターの左側は指針表示のタコメーター、右側にデジタル表示の速度計が表示されます。

トラクションコントロールシステムは後輪の滑り初め(空転)をセンサーが検出するとエンジンの出力を制御するシステムです。ハンドル左のスイッチでオン(6段階で強弱の調整が可能)とオフの切り替えが可能です。

ドライブモード(D-mode)はハンドルの右側に装備された“MODE”スイッチを左側にスライドさせるとモードが切り替わり、
Aモード STDモードよりスポーティなエンジンレスポンスを低中速域で楽しめるモード
STDモード スムーズでスポーティな走行フィーリング、低速から高速まで楽しめるモード
Bモード STDに対して穏やかなレスポンスを発揮するモードの3モードございます。走行条件に応じて変更する事が可能です。

ヤマハ YZF-R1 ホワイト 前側①ヘッドライト常時左右2灯点灯します。さらに、エンジン始動時にはヘッドライトの両脇のLEDポジションランプとヘッドライト下側に装備されたLEDがアイラインのように点灯します。
ヤマハ YZF-R1 ホワイト タンデムシート下収納スペースこちらはタンデムシート下の収納スペースです。運転手側のシート下にはバッテリーが搭載されてますので、この車両の収納スペースとしてはタンデムシート下のみとなります。
といっても、ほとんどスペースはありません。分離型ETC車載器本体を入れるといっぱいです。ほとんど荷物を収納する事が出来ません。車両重量212kgとこのクラスのバイクの中では軽量で、とにかく走りを楽しめるスポーティな1000ccバイクです。
メーカー名 ヤマハ
車両名 YZF-R1
お買い上げありがとうございました。
排気量 1000cc
ホワイト
店頭価格 1,080,000円

上記の店頭価格以外に諸費用別途が掛ります。

ヤマハ YZF―R1 ホワイト

乗り出し参考価格

車両店頭価格 1,080,000円
ナンバー登録代行料 18,900円
自賠責保険
重量税
G防犯登録料 1,080円
お支払総額 1,099,980円

自賠責保険を複数年でご契約の場合には料金が別途かかります。
ナンバー登録が栃木県外の場合には、登録料が6,480円追加になります。
納車時、配達をご希望の方は、配達料が別途かかります。

走行距離 4,132km
年式 2013年モデル
車検 2018年2月まで
保証期間 3ヵ月
その他 カスタム ○なし