セーフティ ライディング トピック 雨の日の事故について

タイトルの通り、雨の日は晴天時より事故件数が増加するようです。

視界が悪く、路面が滑りやすいからと考えられているようです。白線上やマンホール、橋の継ぎ目などでのスリップ、停車時に足元が滑って立ちゴケなどがあるようです。

雨の日の事故防止として、
・タイヤの溝が少ない場合には早めの交換
・タイヤに傷や変形が無いか確認
・ランプ類の点灯確認
・雨の日はいつもよりスピードを抑えて走行する
などに気を付けると良いかと思います。

これから寒くなり、路面凍結も考えられますので、スピードを抑えて、安全運転で走行しましょう。

雨天時の走行は、歩行者、自転車、オートバイ、自動車、みんなで、いつもより気を付けて走行しましょう。