新車情報 カワサキ Ninja400 ホワイト 2020年モデル

新車 カワサキ Ninja400 ホワイト の商品紹介

 2020年モデルのNinja400(ニンジャ400)ホワイトが入荷しました。(カワサキが誇るフルカウル400ccです。)※名前にABSの文字はついてませんが、ABS標準装着車です。

 2018年からモデルチェンジして販売されているNinja400シリーズは、車両重量が167kgと、とにかく軽いのが最大の特徴です。そのため取り回しに優れており、車庫や駐車場、駐輪場等から出し入れも楽にできます。教習所で使用されているCB400よりもかなり軽い車両ですので、免許取りたての初心者の方にもおすすめです。

 さらに、Ninja400に搭載れた水冷 4サイクル DOHC 4バルブ 並列2気筒 398ccエンジンは、不要な物を可能な限り廃したコンパクトなデザインになっており、最高出力 48PS 最大トルク 3.9kgf・m と軽量とパワーを併せ持つエンジンになってます。この車両の軽さとエンジンパワーが人気の理由だと思います。

 そのエンジンに搭載されている“ニューアシスト&スリッパークラッチ”は、急激なシフトダウンなどの過度なエンジンブレーキが掛った際にクラッチのスリッパー機構が作動しバックトルクを逃がしてくれます。(過度なエンジンブレーキを和らげてくれます。)
さらに、この機構により、シフトチェンジに必要なクラッチ操作も約20%軽い力で操作可能となってます。

 ガソリンタンクは二ーグリップがし易いスリム形状になっておりますので、初心者の方でも、気軽に乗る事が可能です。スリム形状のガソリンタンクですが、容量は約14リットル入りますので、長距離運転でも給油をあまり気にする事無く走行する事が可能です。

 ヘッドライトやテールランプはLEDが採用されおります。
 メーターパネルはコンパクトで多機能なインストゥルメントパネルになってます。タコメーターや速度表示、ギヤポジション、燃料計、燃費などを表示する事が出来ます。
 フルカウル装備ですので、高速走行も楽に走行できるます。ロングツーリングにもおすすめのバイクです。

新車 カワサキ Ninja400 ホワイト の詳細情報

メーカー名カワサキシート高  785mm
車種名Ninja400全長1,990mm
排気量400cc燃料タンク容量  14リットル
ホワイト/レッド(白/赤)指定燃料レギュラーガソリン
保証期間メーカー保証2年最高出力 48PS
生産国タイ王国車両重量167kg
変速機形式常時嚙合式6段リターン
カスタム、その他
・ノーマル

新車 カワサキ Ninja400の車両価格

車両本体価格726,000円
ナンバー登録料 19,800円
自賠責保険37ヵ月 12,080円
重量税  5,700円
G防犯登録料  1,155円
乗り出し参考価格764,735円

ナンバー登録が栃木県外の場合には、登録料が14,300円追加になります。
納車時、配達をご希望の方は、配達料が別途かかります。

おまけNINJA400販売ランキング(2018年と2019年上期)

※下記ランキングは二輪車新聞のデータをもとに作成させていただきました。

2018年度 251ccから400ccの新車販売台数ランキング

1位NINJA400
(2018年からのモデル)
6位BMW G310GS
2位ホンダ CB400SF/SB7位ヤマハ SR400
(2018年からのモデル)
3位ヤマハ YZF-R3/MT-038位KTM 390DUKE
4位ホンダ CBR400R/400X9位BMW G310R
5位ヤマハSR400
(2017年までのモデル)
10位カワサキ Ninja400
(2017年までのモデル)

2019年度上半期 251ccから400ccの新車販売台数ランキング

1位NINJA400
(2018年からのモデル)
6位KTM DUKE390
2位ホンダ CB400SF/SB7位BMW C400GT
3位ヤマハ SR400
(2018年からのモデル)
8位ヤマハSR400
(2017年までのモデル)
4位ヤマハ YZF-R3/MT-03
(2018年までのモデル)
9位BMW G310GS
5位ホンダ CBR400R/400X
(2019年からのモデル)
10位ホンダ CBR400R/400X
(2018年までのモデル)

 当店で展示しているNinja400は2018年よりフルモデルチェンジしてから251ccから400ccクラスの新車の販売台数で1位を維持している、人気車種です。
 ABSやフルカウルを装備しているのに車両重量が250ccクラス並みに軽い事や、クラッチの操作が50ccクラスのオートバイと変わらない力で操作できるほど軽い事、車両のデザインなどが人気を維持している要因と思われます。
 さらに、フルカウル装備なのに、疲れにくいポジションで乗ることができますので、初心者の方にもおすすめできる400ccです。